Day

November 7, 2017
Talk Vol.14 四国に秘める無限の可能性(上) IBLJ取締役会長 森本 美行 第6回のゲストは四国アイランドリーグPlus(アイランドリーグ)を運営するIBLJの森本美行取締役会長です。 四国4県を舞台に行われる独立リーグ・アイランドリーグは今シーズンで13年目を迎えています。四国には無限の可能性がある――。 森本会長が見据える独立リーグの未来とは? 二宮清純: まずは今シーズン、独立リーググランドチャンピオンシップでアイランドリーグ徳島インディゴソックスがBCリーグ信濃グランセローズを下し、3年ぶり2度目の独立リーグ日本一に輝きました。おめでとうございます! 森本美行: ありがとうございます。2007年にスタートしたグランドチャンピオンシップで、リーグとしては2年ぶり7度目の優勝となりました。 二宮: ところでアイランドリーグの経営に関わるようになったのはいつからでしょうか? 森本: 代表取締役社長になったのが昨年です。出資からだと13年前から関わっています。社外取締役としては2013年までいました。経営の状況は見ていましたが、実際に経営の指揮を執ったのは昨年からです。 二宮: 13年前に関わるようになったきっかけは? 森本: 僕がデータスタジアム株式会社の代表取締役社長に就任した03年頃からは、地上デジタルビジョン放送が始まった時期で「スポーツはニューメディアのキラーコンテンツとして将来、事業機会がある」と言われた時代で資金が集まった時期だったんです。その時、アイランドリーグ創設者の石毛(宏典)さんがちょうど“独立リーグをつくりたい”と動き出し、資金集めをしていたタイミングだった。社会人野球が疲弊し、野球の受け皿がなくなってきた中での独立リーグ創設。データスタジアムとしても野球が普及して市場が大きくなることはビジネスチャンスとなりますから。そこで出資をさせていただくことに決めたんです。 今矢賢一: 創設を経営面からサポートしたんですね。 森本: そうですね。設立当初はリーグに対していろいろな企業がスポンサーとして手を挙げて頂きお金も集まりました。でも最初のブームと言うか期待感が薄れると、得られる協賛金がどんどん減ってしまっていました。僕は去年から社長になりましが、「もう1回、アイランドリーグの価値を考え直そう」というのがスタートでした。 今矢: 前向きに再構築をしなければいけないステージに来ているということですね。 二宮: 会社としてはIBLJがあり、各球団は独立しているわけですよね。 森本: スタートしたばかりの頃はアイランドリーグと各球団をひとつの経営母体で運営するシングルエンティティという形式で経営していました。当初こそ協賛金は集まっていましたが、地方における野球独立リーグの経営という初めての大きなチャレンジをした結果、リーグと球団合わせて何億円という負債が生まれてしまい、それをひとつの組織でカバーするのが難しくなってしまいました。試行錯誤の末、リート各球団を分社化するかたちをとりました。 二宮: 独立採算制にした上で、リーグに入った資金のいくらかを分配すると? 森本: ええ。リーグとしては配分比率を設定し、各球団に分配します。理事会の運営もやります。チャンピオンシップなどの場合はBCリーグ、その他フェニックスリーグの際はNPB等対外的な交渉も行います。あとはテレビ中継の場合は放映権、各種権利のマネジメントも管理しています。 二宮: アイランドリーグ全体の価値を上げるために、この先考えられていることは? 森本: 今までできたこと、できなかったことがありました。できたことは13年続けてこれたことと、年間約150試合を行って、そこに毎年平均で約500人から600人のお客さんを集められるようになったこと、60人弱の野球選手をNPBに排出できたことです。僕は、これからのスポーツビジネスにおいて時間×頻度、つまりスポーツへの接触時間は大きな要素だと思うんです。年間約150試合を開催できるのはウチの最大の武器です。その事業機会をどうすれば最大化できるか。3時間×約150試合分、球場にはビジネスチャンスが転がっています。試合があればローカルメディアも取り扱いますし、今年高知ファイティングドッグスにマニー・ラミレス選手が来たように認知度があれば全国紙やテレビも取り上げてくれるでしょう。メディアをどういうふうに活用するか、SNSの活性化ついては今後の課題でしょう。 二宮: これまで築いてきた財産を今後に生かしつつ、新しことにも取り組んでいくと? […]
Continue Reading