Day

May 1, 2018
Talk Vol.20 理解を広げ、ビジネス化へ(上) 全日本実業団自転車競技連盟理事長/Team UKYO主宰 片山 右京 第9回のゲストは2月に自転車ロードレースの「Jプロツアー」を主催する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)の理事長に就任した片山右京さんです。片山新理事長が描く自転車界の未来とは――。 二宮清純: JBCFの理事長に就任されたわけですが、自転車に関する連盟・協会はたくさんありますが、どのような位置付けなのでしょうか? 片山右京: 基本的にはボトムの組織です。一番上にあるのが、公営競技の競輪とオートレースを統括するJKA。その下にJCF(日本自転車競技連盟)があり、JBCFがあるという縦の流れになっています。UCI(国際自転車競技連合)に加盟しているのはJCFですが、日本ではJKAが頂点になるんです。 二宮: JBCFの理事長を引き受けた理由は? 片山: 私は6年前にTeam UKYOのサイクリングチームをつくって、この世界に入りました。そこで「ツール・ド・フランスに行きたい」という夢が叶うと思っていたら、そう簡単ではなかった。日本では自転車が悪者扱いされており、企業からも支援を受けにくい現状があります。そこでまずは自転車の地位向上に努めたいと思ったんです。 今矢賢一: そのために打ち出している策はあるのでしょうか? 片山: サッカーのJリーグやバスケットボールのB.LEAGUEのように2021年からプロリーグにする構想があります。あとは国際イベントの誘致です。現在、46大会運営しているレースを2年以内に100大会に増やしたいと思っています。約3000人いる登録者数も1万人にするつもりです。 二宮: その他に取り組んでいることは? 片山: 現在、自転車の電動化が進んでいます。JCBFはそれをスポーツにしようと。たとえばEバイク(電動アシスト付き自転車)を利用したヒルクライム(坂・山・峠を登る競技)の大会をつくることも考えています。   【ガラパゴス化している日本】  二宮: 海外の自転車事情はどうでしょう? 今矢: オーストラリアに8年ほど住んでいましたが、サイクリングもすごく盛んです。週末はいくつかの場所で道路を規制してサイクリストが走れるようにしています。弊社では車いすマラソンの選手もサポートで海外に行くことも多いのですが、ロンドンはテムズ川から市内への主要道路を1車線サイクリング用に変えましたからね。 二宮: 日本みたいにブルーラインが入っているんでしょうか? 今矢: ロンドンでは車用の車線の1つを自転車用にしています。 片山: 日本がブルーのラインを引いているのは可視化して自転車を車だと認めされるための無理やり作ったものなんです。フランスやイギリスのように車と同じようにレーンを引いている国もある。日本は道が狭いからできないという話を聞きますが、世界も道は狭い。それでもパリは8kmしかなかった自転車道を1年で408kmに延ばした実績があるんです。日本では、車が偉くて「自転車は遊び」という思考がある。「自転車は歩道」と。しかし道路交通法上、今は車と同じ扱いになった。 二宮: 事故が起きると、Eバイクが悪役みたいに扱われますよね。 […]
Continue Reading