By

BLUETAG
Talk Vol.23 セブンズの未来を担う(下) 7人制ラグビー日本代表男女総監督兼男子ヘッドコーチ 岩渕 健輔 第10回のゲストは7人制ラグビー男女日本代表総監督兼同男子日本代表のヘッドコーチを務める岩渕健輔氏です。自国開催のW杯、そして東京オリンピック・パラリンピックを控える日本ラグビー発展のカギとは――。 【ラグビー独自の文化】 二宮: サッカーなどに比べ、ラグビーはルールが複雑だと感じている方もいます。岩渕さんのような専門家に解説してもらいながら観戦できる。そんな観戦スタイルも面白いのでは? 岩渕: そうですね。ヨーロッパではプロチームが解説者付きのサービスを行っています。試合に出ていない選手がホスピタリティボックスに行く。試合後も出場した選手が行って、その日の試合について話します。私もイギリスのチームでプレー経験がありますが、試合後にチームに指示された場所へ行き、語りあいました。 二宮: 具体的にはどういう話を? 岩渕: ラグビーに詳しいお客さんからは「なぜあそこであんな判断をしたんだ?」と厳しい質問もあります。そういう意味でもいろいろ鍛えられる場でしたね。 二宮: 説明責任の力がつきますね。 岩渕: ええ。自分のプレーが良かった日は当然、行きやすいんですが、ダメだった時はとても行きにくい……。 今矢: そういう環境ではホームゲームともなると一段と気合いが入り、下手な試合、プレーはできなくなりますね。 岩渕: そうですね(笑)。ただヨーロッパと違い日本のラグビーでは、そもそもホスピタリティボックスがほとんどありません。 今矢: 確かに他の競技でも少ないですよね。 二宮: 選手と触れ合うことでお客さんは喜びますよね。日本でもぜひ取り入れてほしい。ラグビーは試合後にチーム同士で交歓会を行います。ノーサイドの精神で、これはとても良い文化ですよね。 岩渕: 逆にプロのチームだと交歓会、いわゆるファンクションが減ってきています。こうした文化はテストマッチなどの国際試合でもなくなってきているんです。W杯期間中はなかったと思います。 二宮: どちらかというとファンクションはアマチュアの古き良き文化なんですよね。 岩渕: 元々はそうなんです。先日、北九州で女子セブンズの国際大会がありました。ファンクションでは日本の選手たちが他国の選手たちと交流を図っていました。彼女たちは将来的に日本のラグビーを支える存在になるかもしれません。ファンクションを通じて友情が生まれ、コネクションができる。この文化は日本が率先して取り戻していきたいですね。 二宮: ラグビーには世界ランキングとは別に階層区分があります。ニュージーランドや南アフリカ、オーストラリアなど強豪国・地域をティア1と呼んでいます。この序列はなかなか変えられないものですか? 岩渕: これは日本が強くなってW杯で優勝しても変わらないかもしれません。 今矢: 歴史的な背景が影を落としていますね。 岩渕: はい。やはりティア1にチャレンジするというところまでいかないと、世界の舞台では戦っていけないと思います。 […]
Continue Reading
Sportsful Talk 第10回(ゲスト:岩渕健輔さん) 2018.7.4 スポーツジャーナリスト二宮清純氏とブルータグ代表取締役の今矢賢一が、毎回多彩なゲストを招き、スポーツの今を読み解く”Sportsful Talk”。 7人制ラグビー男女日本代表総監督兼同男子日本代表のヘッドコーチを務める岩渕健輔氏をゲストに迎え、自国開催のW杯、そして東京オリンピック・パラリンピックを控える日本ラグビーの発展についてお話いただきました。 (全2回で掲載) セブンズの未来を担う(上)
Continue Reading
Talk Vol.22 セブンズの未来を担う(上) 7人制ラグビー日本代表男女総監督兼男子ヘッドコーチ 岩渕 健輔 第10回のゲストは7人制ラグビー男女日本代表総監督兼同男子日本代表のヘッドコーチを務める岩渕健輔氏です。自国開催のW杯、そして東京オリンピック・パラリンピックを控える日本ラグビー発展のカギとは――。 二宮清純: 7人制ラグビーの男女日本代表総監督の役割を教えてください。 岩渕健輔: 強化の責任者という立場です。私は2017年までゼネラルマネジャー(GM)という肩書きで、男女の7人制と15人制全ての日本代表の強化に携わってきましたが、今はオリンピックに力を入れています。 今矢賢一: 先日の香港セブンズを現地で観ました。すごく良いゲームが多かったですね。 岩渕: それはとても良いタイミングに来てくださいました。男子日本代表が昇格大会で優勝し、シリーズ全戦に出場できるコアチームに復帰しました。 【7人制の強化】 今矢: 私自身は学生時代にサッカーをやっていました。ラグビー大国のオーストラリアに8年住んでいました。高校でのランチタイムはタッチフットをしていましたね。だからラグビーにも馴染みがあって、観ることはとても好きなんです。7人制と15人制では戦術がだいぶ違いますよね。香港で観たアメリカ代表には元陸上選手がいました。その選手はボールを持つと、スピードを生かして独走していました。 二宮: グラウンドの広さは同じで、人数が約半分ですからね。試合時間は基本7分ハーフです。 今矢: だから展開も速くて、エンターテインメント性が非常に高いスポーツだと思います。 二宮: スピードはもちろんですが、ボールも上手くさばけて器用にこなさなければならない。7人制の選手には総合力も必要となってきますね。 岩渕: そうですね。どちらかと言えば足が速くBKの選手が有利です。パワー重視の選手だとある程度、体重を絞る必要もあるかもしれません。15人制では強豪国とは呼べないケニアが7人制で強いというのがひとつの特徴ですね。 今矢: ケニアは一目見ただけで身体能力が高そうな選手が揃っていました。 岩渕: 15人制ではワールドカップに1度も出たことのない国ですが、セブンズでは強豪のニュージーランドを倒すこともありますから。 今矢: 先ほどのアメリカ代表のように別の競技からポテンシャルの高い選手を転向させるという強化策もありますよね。 岩渕: 日本でも実は多方面からの参入を促しています。アメリカンフットボールの選手や陸上選手で試みたことはあるのですが、なかなかうまくいっていません。アメリカは陸上からの転向組が活躍していますが、彼らは1つの競技にこだわらず、いろいろなスポーツをシーズンに応じて取り組んでいます。 今矢: ジュニア時代のクロストレーニングは日本ではあまり多くない。それが影響しているのでしょうか? 岩渕: そこが大きなポイントです。アメリカの選手を見ていると、スムーズに移行できている印象がある。だから陸上からの転向選手でも、ラグビーの動きができているのだと思うんです。 二宮: 7人制ラグビーは16年リオデジャネイロオリンピックから正式種目に採用されました。日本ではやはりラグビーと言えば、15人制のイメージが強い。 岩渕: それは間違いなくあります。15人制のラグビーは進学、就職と卒業後のピラミッドがしっかりとできている。現状でラグビーは15人制の文化に支えられています。 […]
Continue Reading
Talk Vol.21 理解を広げ、ビジネス化へ(下) 全日本実業団自転車競技連盟理事長/Team UKYO主宰 片山 右京 第9回のゲストは2月に自転車ロードレースの「Jプロツアー」を主催する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)の理事長に就任した片山右京さんです。片山新理事長が描く自転車界の未来とは――。 【可能性を秘めるeスポーツ】 二宮: ところで右京さんが自転車の魅力に触れたきっかけは? 片山: 元々、父親に山登りに連れて行ってもらっていたので冒険がしたかった。最初、手に入れた冒険のツールが川で拾ってきた自転車を自分で修理して塗装した。それで相模湖や江の島に行くなどサイクリング少年だったんです。43歳になって自転車を始めたのは今中大介と対談したことで自転車への気持ちが再び沸いてきた。登山のためにトレーニングで自転車に乗っていると、感覚的にはレーシングカーを運転するときに似ていたんです。 今矢: ドライバーをされていたときには自転車トレーニングは取り入れていなかったんですか? 片山: トライアスロンはやっていたんですが、きつい練習のひとつで、当時は苦しいからあまり楽しいと思わなかった。 二宮: ヨーロッパはF1とサッカーと自転車が三大スポーツと言われている。そういう風景に日本を近付けたいと? 片山: そこには心理学的な“車脳”を取り払って、自転車を車と認めてもらうことが必要。問題提起で事故にも目を向けてもらって、どう解決していくかを考えていかなければいけません。 今矢: そういうビジョンや方針があるのがすごく良いですね。自転車ユーザーはたくさんいますし、これからも増えると思います。 二宮: 今、国内で自転車は何台出回っているのでしょう? 片山: 登録は2000万台。稼働は1600万台と言われていますが、車と実数は大きく変わらないんです。競技人口は40~60万人ぐらい。まだまだポピュラーなスポーツじゃないので、楽しく乗れる環境をつくり、安全を担保できれば健康に良い。千葉のサイクリング協会の会長は78歳ですが、毎日自転車で100km走っているそうです。マラソンは3時間15分台で走る。 二宮: ふくらはぎが弱くなると立てなくなったり、病気になると聞きます。第2の心臓だと。そのためにつま先立ちのトレーニングを毎日している方もいらっしゃいます。そう考えると、自転車に乗ることはふくらはぎを鍛えることにも繋がる。高齢化社会をにらむ上でも、自転車は推奨すべきスポーツですね。 片山: eスポーツ化しようという動きもあります。最新のVR技術を駆使すれば、固定ローラーで室内にいながら世界中を走る疑似体験をできる。私たちは試験的にやっているのですが、連盟主催の大会。プロを呼んで競争。事故もないし、道路使用許可もいらない。最先端の遊びを吸収して、ビジネス化しないと。 二宮: eスポーツは2024年パリオリンピックで正式競技になる可能性があると言われていますね。TVゲームが主流ですが、よりスポーツ的ですね。 片山: 目の前の問題が機材の費用がかかる。自転車、シミュレーターなど全部揃えるとなれば一般の人がなかなか手の届かない額になる。だから各ショップやクラブチーム単位でやれば、店舗にも人が集まるので副次効果が生まれる。連盟がリアルと合わせて大会をつくっても良い。それがボトムアップに繋がりますし、ビジネスをしなければ自転車界は先がありません。   【次代に繋ぐ組織づくりを】 二宮: その他のビジネス展開は? […]
Continue Reading
オフィシャルサイトをリニューアルしました 2018.6.1 この度、ブルータグ株式会社のオフィシャルサイトをリニューアルしましたのでお知らせします。 新しいサイトではmake your life sportsfulをコンセプトに展開する各種事業をBLUETAG.、PiTCH、BTiという3つの領域に整理し、それぞれのプロジェクトの内容や目指すことについてわかりやすくお伝えすることを目指してデザインを一新しました。また、NEWSページを上部に設置し、最新の情報をすぐにご覧いただけるようになっております。 引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
Continue Reading
Sportsful Talk 第9回(ゲスト:片山右京さん) 2018.6.1 スポーツジャーナリスト二宮清純氏とブルータグ代表取締役の今矢賢一が、毎回多彩なゲストを招き、スポーツの今を読み解く”Sportsful Talk”。 「カミカゼ・ウキョウ」と呼ばれた元F1ドライバーで、2月に自転車ロードレースの「Jプロツアー」を主催する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)の理事長に就任された片山右京さんをゲストに迎えた第9回の後編を公開しました。 (全2回で掲載) 理解を広げ、ビジネス化へ(上)   理解を広げ、ビジネス化へ(下)
Continue Reading
Talk Vol.20 理解を広げ、ビジネス化へ(上) 全日本実業団自転車競技連盟理事長/Team UKYO主宰 片山 右京 第9回のゲストは2月に自転車ロードレースの「Jプロツアー」を主催する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)の理事長に就任した片山右京さんです。片山新理事長が描く自転車界の未来とは――。 二宮清純: JBCFの理事長に就任されたわけですが、自転車に関する連盟・協会はたくさんありますが、どのような位置付けなのでしょうか? 片山右京: 基本的にはボトムの組織です。一番上にあるのが、公営競技の競輪とオートレースを統括するJKA。その下にJCF(日本自転車競技連盟)があり、JBCFがあるという縦の流れになっています。UCI(国際自転車競技連合)に加盟しているのはJCFですが、日本ではJKAが頂点になるんです。 二宮: JBCFの理事長を引き受けた理由は? 片山: 私は6年前にTeam UKYOのサイクリングチームをつくって、この世界に入りました。そこで「ツール・ド・フランスに行きたい」という夢が叶うと思っていたら、そう簡単ではなかった。日本では自転車が悪者扱いされており、企業からも支援を受けにくい現状があります。そこでまずは自転車の地位向上に努めたいと思ったんです。 今矢賢一: そのために打ち出している策はあるのでしょうか? 片山: サッカーのJリーグやバスケットボールのB.LEAGUEのように2021年からプロリーグにする構想があります。あとは国際イベントの誘致です。現在、46大会運営しているレースを2年以内に100大会に増やしたいと思っています。約3000人いる登録者数も1万人にするつもりです。 二宮: その他に取り組んでいることは? 片山: 現在、自転車の電動化が進んでいます。JCBFはそれをスポーツにしようと。たとえばEバイク(電動アシスト付き自転車)を利用したヒルクライム(坂・山・峠を登る競技)の大会をつくることも考えています。   【ガラパゴス化している日本】  二宮: 海外の自転車事情はどうでしょう? 今矢: オーストラリアに8年ほど住んでいましたが、サイクリングもすごく盛んです。週末はいくつかの場所で道路を規制してサイクリストが走れるようにしています。弊社では車いすマラソンの選手もサポートで海外に行くことも多いのですが、ロンドンはテムズ川から市内への主要道路を1車線サイクリング用に変えましたからね。 二宮: 日本みたいにブルーラインが入っているんでしょうか? 今矢: ロンドンでは車用の車線の1つを自転車用にしています。 片山: 日本がブルーのラインを引いているのは可視化して自転車を車だと認めされるための無理やり作ったものなんです。フランスやイギリスのように車と同じようにレーンを引いている国もある。日本は道が狭いからできないという話を聞きますが、世界も道は狭い。それでもパリは8kmしかなかった自転車道を1年で408kmに延ばした実績があるんです。日本では、車が偉くて「自転車は遊び」という思考がある。「自転車は歩道」と。しかし道路交通法上、今は車と同じ扱いになった。 二宮: 事故が起きると、Eバイクが悪役みたいに扱われますよね。 […]
Continue Reading
Buff総輸入販売業務終了のお知らせ 2018.4.30 2018年4月30日を持ちまして、スペイン発のヘッドウェアブランドBuffの日本国内における総輸入販売業務を終了することになりましたのでお知らせいたします。 製品に対するこれまでのご愛顧に深く御礼申し上げますとともに、今後とも変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
Continue Reading
L.A.発ハッピーなランニングサングラスgoodr取り扱い開始 2018.4.26 ランニングを楽しむ全ての人のため、ハッピーなマインドと自分のスタイルにこだわって生まれたL.A.発のランニングサングラスgoodrの取り扱いを始めました。 Fun(楽しい)、Fashionable(おしゃれ)、Functional(実用的)、Affordable(手頃)をコンセプトに、身につけるだけで心も踊るラインナップで、2016のRUNNER’S WORLDでBest Gearを獲得するなど、西海岸を中心にアメリカで大人気! 本日4月26日にオフィシャルサイトを公開、商品はオンラインで購入することができます。 look good, play goodr     取り扱いに関する詳しい情報はこちらから。
Continue Reading
Talk Vol.19 育成重視の独自路線(下) K-1 プロデューサー 宮田 充 第8回のゲストは立ち技格闘技イベント「K-1」の宮田充プロデューサーです。2014年より生まれ変わり、新たな路線で格闘界に新風を巻き起こしています。宮田プロデューサーが見据える新生K-1の未来とは――。 今矢: ジムは国内展開のみですか? 宮田: 首都圏中心ではあるのですが、13店舗ですね。現在は10店舗が直営で、3店舗がフランチャイズになっています。さいたまスーパーアリーナで興行しているので、埼玉県内にもオープンしようかという計画を立てています。 今矢: ジムの運営が収益のベースにはなっているのでしょうか? 宮田: なかなか投資の回収まではできていませんね。これが力になっていくと思うんです。アマチュアの公認ジムはもっとハードルを下げて、全国で随時募集をかけています。「K-1の看板を使っていいよ」ということで、全国で50店舗ぐらいあります。   二宮: 収益の柱はやはり興行? 宮田: ええ。ただ興行は水物でもあるので、選手を育成しながらイベント展開する。イベント展開ばかりだと育成が疎かになってしまいますから。いろいろな団体から選手を借りている。契約も大事だと思っております。契約を先々で交わした上で、その選手しか起用しない。今は団体間交流を一切やっていないんですよ。それぞれのジムで黒字化を目指してやっているんですけど、こればかりは地域に根付かないといけません。 今矢: 選手との契約形態は? 宮田: ファイターは一発勝負。次の興行で起用するか、契約した時点ではわかりません。魅力的な試合をすれば次に繋がるでしょうし、その逆であれば呼ばない可能性もある。我々は最後に試合をしてから1年以内という区切り方をしています。 二宮: その間の契約料は発生しているのですか? 宮田: ファイトマネーのみですね。半年後に試合をしたら、また1年間。格闘技は誰でもプロモーターになれる。ライセンスは必要がないんです。誰でも手を出せる。そのためには我々も防衛のために契約はしておかないといけません。 今矢: 選手個人がスポンサーを付けることに制限はあるのでしょうか? 宮田: 今のところは付けていないです。ファイターはトランクスに一番協賛メリットがあります。入場時にはガウンを着る。多い選手はそこにもズラリとスポンサー名が並びます。 【成長のために試合機会の増加を】 二宮: なるほど。新生K-1の立ち上げから5年目を迎えます。ここまでの手応えは? 宮田: 立ち技格闘技団体で競技展開と共にイベント展開に挑戦しているのは、初めてだと思うんです。我々にはアマチュアもあって、ジム展開もある。そこを理念としてやっているので、そこはブレずにできているかなと。 今矢: 持続可能な仕組みにしていくと? […]
Continue Reading
1 2 3 4