By

BLUETAG
Talk Vol.3 スポーツが繋ぐ無限の可能性 (上) ゆるスポーツ コピーライター/プロデューサー 澤田智洋 今回登場するのは、澤田智洋さん。スポーツや福祉のビジネスプロデュースを数多く手がけ、世界のゆるスポーツ協会のトータルプロデューサーとしても活躍中です。 ゆるスポーツをきっかけに広がるダイバーシティ社会とはーー 【一番苦手なものがスポーツだった】 二宮: 澤田さんは世界のあらゆるスポーツ協会のトータルプロデューサーを努めています。 バランスボールを使用して行う「真珠サッカー」、手にハンドソープをつけてプレーする「ハンドソープボール」など、ゆるスポという着眼点が非常に斬新です。そもそも初められたきっかけを教えてください。 澤田: 実は、僕が世界で一番苦手なものがスポーツなんです。男性のステータスとしてスポーツは大きな武器ですよね。小学生の時は、それが顕著に表れる。スポーツができないと、ヒエラルキーの下のほうに置かれます。 二宮:確かに運動神経の良い子がクラスでは人気者になりますよね。 澤田:ええ。クラスにT君という子がいました。彼は足が速いことで先生の評価も高かった。彼のステータスをスポーツが総合的に押し上げていたんです。 二宮:なるほど。失礼ですが澤田さんは、体育の成績は5段階で1とか2とか? 澤田:だいたい2ですね。T君は休み時間、校庭などを走っていて、キャーキャー言われているんです。一方、僕は窓際の席で、誰も望んでいない学級新聞を書いていました。その時に“あ、人生終わったな”と(笑)。僕とT君の間には、太くて流れの速い川が流れているなと。 二宮:ルビコン川みたいなものですね。越えるのは大変だ! 澤田:そうですね(笑)。本当に向こう岸にはいけないだろうみたいな。ゆるスポーツを始めたのは、そういうのもきっかけですね。 二宮:私は最初テレビで「ハンドソープボール」(写真)を見た時に思わずヒザを打ちました。 普通だったらハンドボールは手に松脂を塗って滑らないようにする。それを逆に滑らせることによって、身体的な長所が失われるわけですよ。 そこで各選手の力の差がなくなるという不思議な現象が起きていました。 澤田:僕たちが大事にしていることは、「新しい不便」をデザインすることです。スポーツは不便を楽しむものではないでしょうか。例えばサッカーのフィールドプレーヤーは手を使ってはいけない。陸上競技も一見自由に見えて、トラックという枠が設けられて走行距離も限られている。ある種の不自由ですよね。人間は自由に動き回りたいのに、制限された中でどうやって100%以上の実力を出すか。それを楽しむことが、スポーツ。 今矢:新しい不便というのは面白いコンセプトですね。 […]
Continue Reading
CW-Xアスリートサポートプログラム第2期募集 始まりました 2016.12.7 コンディショニングウェア、CW-X(ワコール株式会社)でアスリートをサポートする「CW-Xアスリートサポートプログラム」の第2期募集を開始しました。 応募期間は2017年2月28日まで。 詳しい情報とお申し込みはこちらから。 アスリートのみなさまのご応募をお待ちしております!  
Continue Reading
フィールドサポートのPVが完成しました 2016.11.25 BLUETAG×YKKフィールドサポートプロジェクトのプロモーションビデオが完成しました。 ぜひご覧ください!  
Continue Reading
CI(カンパニーロゴ)をリニューアルしました 2016.11.17 2016年11月22日で10周年を迎えるにあたり、コーポレートロゴ及びコーポレートスローガンを新しくしました。 ブルーの枠を取り払い、これまでの枠を飛び越えた次のステージへの挑戦を表すと同時に、シンプルな黒を基調とすることで、スポーツに関わるヒト・モノ・コトを結びつけ、新しいことをプロデュースしていきたいという想いを込めています。 今後ともBLUETAGをよろしくお願いいたします。
Continue Reading
1 2 3 4