Loading...

Columnコラム

2009.07.10もうひとつのサッカーW杯

-日本が4大会連続のW杯出場を決めた。

実は私もW杯に出場したことがある。
W杯はW杯でも、FIFA非公認の”草W杯”だ。

 

1994年夏、私はW杯米国大会の取材で西海岸を中心に各会場をまわっていた。
サンフランシスコのスタンフォード・スタジアムでブラジル-ロシア戦を観戦した直後のことだ。
ゲートを出て木立を抜けると、そこには芝生が広がっていた。

 

帰りのバスを待つ間、芝生の上でボールを持ってきたブラジル人がパス回しをしていた。
誰かのドリブルがキックオフの合図となり、唐突にゲームがスタートした。
ゴールはどこかから運んできたドラム缶2本。
チームの分け方は裸組とシャツ組。子供もいれば老人もいる。人数制限はまったくない。

 

そのシーンを遠くから眺めていて、無性にボールが蹴りたくなった。
シャツを脱いで裸組に加わり、後ろのほうでチョロチョロとした。
しばらくして、おもしろいことに気がついた。年配のブラジル人は皆、ペレになりきっている。
子供たちはロマーリオだ。いつの間にかヨーロッパ人やアメリカ人も加わり、
クライフやベッケンバウアーもいる豪華な試合となった。

 

こうしてスタジアムの壁を1枚隔てた草むらで行われた”草W杯”は、
帰りのバスが出払うまで、メンバーを入れ替えながら延々と続いた。
ひとつのボールに人が集まり、輪ができ、自然発生的にゲームが始まる――。
ボールゲームの原点がそこにはあった。

 

-芝は地平線まで広がり、ボールはどこまでも転がる。

残念ながら日本には、このような環境が少ない。
W杯日韓大会を取材するために来日した欧米のジャーナリストが首を傾げながら異口同音に訊ねていたことがある。ひとつは、日本の子供たちはいったいどこで遊んでいるのか。ふたつ目は、なぜ学校や公園に天然芝が少ないのか。

 

日本は次の大会で「世界のベスト4を狙う」と宣言している。そのためにはまず、環境から「世界のベスト4」を目指す必要があるのではないか。最近、つくづくそう感じる。

 

 


 

二宮清純責任編集スポーツサイト
『SPORTS COMMUNICATIONS』
http://www.ninomiyasports.com/

 

二宮清純公式携帯サイト
『二宮清純.com』
http://www.ninomiyasports.com/sc/ni_mobile/