Loading...

Columnコラム

2010.07.05

南アフリカW杯、日本代表は予想以上の健闘をみせたと言っていいだろう。
大会前、チーム状態はどん底だった。
テストマッチでは4連敗を喫し、国内の期待は空気の抜けた風船のようにしぼんでいた。

 

ここで岡田武史監督は腹をくくった。
チームの要だった中村俊輔を外し、守備型の布陣にスイッチした。
指揮官が就任当初、口にしていた”接近、展開、連続”によるプロアクティブ(未来予測)型から、
堅守速攻のリアクティブ(現実対応)型へと舵を切ったのである。
結果的には、これがツボにはまった。

 

-日本サッカーの成長を物語るひとつの数字がある。

今大会、日本のオンターゲット率(シュートが枠をとらえたパーセンテージ)は出場32チーム中、
なんとナンバーワンなのだ(決勝トーナメント1回戦終了時)。
ちなみに日本が初めてW杯に出た1998年のフランスW杯でのオンターゲット率はわずか20%。
これは32チーム中、最下位だった。

 

この結果からも分かるように日本のテクニックは年々、レベルが上がっている。
フリーキックで2得点をあげたデンマーク戦しかり、技術立国が育てた”匠の技”は世界でも通用する。
これは93年のJリーグ創設以来、クラブを全国で増やし、普及、育成に務めてきた成果だろう。
監督、コーチにライセンス制を取り入れ、一定水準の指導ができるようになったことも大きい。

 

%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%ef%bc%93

 

しかし、オランダ戦もパラグアイ戦もゴールが奪えず、涙を飲んだ。
日本が越えなくてはならない壁はここにある。
要するに決定力のある本物のストライカーがいないのだ。
そして、それは体系だった教育の中で育てられるものとは限らない。

 

私たちは「日本は”個”で勝てない。やはり”組織”で戦うべきだ」と組織優先論に陥るきらいがある。
しかし、個を生かせない組織が、「世界を驚かす」サッカーを展開できるだろうか。
個か組織かの二項対立ではなく、
個と組織のシナジーを考えるべきだ。

 

もちろん、これはサッカーに限った話ではない。

 

 


 

二宮清純責任編集スポーツサイト
『SPORTS COMMUNICATIONS』
http://www.ninomiyasports.com/

 

二宮清純公式携帯サイト
『二宮清純.com』
http://www.ninomiyasports.com/sc/ni_mobile/