VoF for YKK

"click-TRAK" の開発協力

この数年間、BLUETAGYKKと取り組んでいるのが新型ファスナー“click-TRAK”の開発です。今日に至るまで長きに渡って変わることがなかったファスナーの仕組みを一新し、ファスナーをボタンのように重ね合わせて押せば、引き手を持ち上げて閉めることができるというまったく新しい商品でした。

普通のファスナーの課題であった「差し込む動作」がなくなったことで、お子様や高齢者、手が不自由な方でも簡単にファスナーを閉じることができるようになるのです。

また手袋をしたままでも扱い易くスポーツウエアや競技ウエア、アウトドアウエアなどとも相性が良い商品です。

モニタリング始動

“click-TRAK”の開発にあたり、YKKからの要望は「より過酷でよりファスナーの性能が求められるスポーツシーンでの実装テスト」とそのフィードバックでした。

BLUETAGはネットワークをもつアスリートをコーディネートし、その要望に応えるモニタリング企画を運営しました。

計5回のモニタリング企画を行い、総勢13名のアスリートの方々に協力をいただきました。対象となった競技は、パラアルペンスキー、スノーボードクロス、トレイルラン、車イスマラソン、MTBクロスカントリー、バイクトライアル、トライアスロン、BMXレース、ロードレース。

アスリートが普段使用しているウエアのファスナーを開発中の新型ファスナーに付け替え、約二ヶ月間、雪山やトレイル、ロードなどそれぞれの競技環境で実際にウエアを使用してもらい、後日開発チームに対してフィードバック会を行うのです。

そこでは実際に使用したウエアを手に取りながら、競技環境下、トレーニング時に感じたことを良い点、悪い点、包み隠さず報告されます。

そこでの意見を次回の設計、開発に反映し、次のモニタリング企画でまたテストする。そのような流れでモニタリング企画は回を重ねていきました。

“ビスロン” マグネットタイプ誕生

“click-TRAK”のモニタリングを重ねる中で、YKKより新たに提案されたのが開具に磁石が付いた“ビスロン” マグネットタイプです。

“click-TRAK”の開具部分を磁石にすることで、左右の開具を近づけるだけで磁力により噛み合うため、「手元を見ずにファスナーを閉じる」「片手でファスナーを閉じる」といった動作が格段としやすくなり、スポーツシーンでのスピーディーな着用やキッズウエアへの展開など幅広い分野での活用が想定されています。

また、高齢者や手が不自由な方など、従来のファスナーの開閉動作がしづらくファスナーが着いた衣類の使用を敬遠していた方々にも手に取っていただきやすいユニバーサルデザイン、ユニバーサルファッションの視点をもった商品となっています。