Category

TALK ARTICLE
Talk Vol.25 誰にでも平等なeスポーツ フリーアナウンサー/ODYSSEY代表取締役 平岩 康佑 第12回のゲストはフリーアナウンサーで、日本初のeスポーツ実況に特化した会社、ODYSSEYを立ち上げた平岩康佑氏です。今、認知度も急上昇中のeスポーツの現状を訊いた。 二宮清純: 今年6月にeスポーツ実況のプラットフォーム的な会社ODYSSEYを立ち上げたきっかけは? 平岩康佑: 元々、私はゲームがすごく好きでした。海外でeスポーツが盛り上がっているのは知っていましたし、日本でもプロリーグができたり、大きな大会を開催するという話は耳に入っていたんです。だからやるなら自分が第一人者になりたかった。ゲーム好きで実況もできるのに、自分が関わらずに競技が盛り上がっていくのは許せなかったんです。むしろ先頭に立ってやりたいという思いがありました。   二宮: 起業から約半年が経ちましたが、反響はいかがですか? 平岩: おかげさまで、たくさんのお仕事をいただけています。やっぱり需要の多さをすごく感じます。これまでにもeスポーツの実況を担当している方はいたんですけど、彼らは元プロゲーマーや元ユーチューバーで、ゲームのプロであっても喋りのプロではなかった。ゲーム会社さんからの問い合わせも多いですね。基本的に土日がeスポーツのイベントは土日に多いので、立ち上げから1カ月で週末のスケジュールは来年3月まで全部埋まっています。 今矢賢一: 大会やイベントの主催者が実況をODESSEYさんに発注するというかたちができあがってきていると。そこで信頼を積み上げていけば、さらにビジネスとして広がっていくわけですね。 平岩: そうですね。今はその実績をつくっている段階です。 二宮: 将来的には会社にアナウンサーをたくさん抱えるようなかたちにしたいと? 平岩: そういうイメージはつくりたいと思っています。例えばフリーの女性アナウンサーと言えばセントフォース、ユーチューバーではUUUMのように、「eスポーツの実況といったらODESSEYだよね」というイメージにしたいんです。そうすればまず発注はウチにくるという道筋ができますからね。 二宮: そのためには市場が拡大しないといけません。時にはプロモーション的なことも必要になっていきます。 平岩: ええ。今は実況アナウンサー事務所としてのマネジメントビジネスだけではなかなか収益的にも難しいところがありますね。だから他の収益の柱を作るプロジェクトを進めています。 二宮: 平岩さんは独立する前、朝日放送でアナウンサーとして活躍されていました。スポーツキャスター志望だったのでしょうか? 平岩: 元々は報道をやりたかったんです。「メインキャスターは、元々実況アナウンサーが多いよ」と言いくるめられました。当時は実況が足りなかったと思います。結果的にはその経験が今の仕事に繋がっています。 二宮: 培ったアナウンス技術はやはり役立っていますか? 平岩: そうですね。朝日放送は甲子園、高校野球を中継しています。選手の技術的なところも重要ですが、人間ドラマやバックグラウンドをすごく大切にする局です。例えば、高校野球で弱小校が名門校に大差で負けている試合を実況していたとします。最終回に弱小校の攻撃で、初めて公式戦に出場する3年生が代打で起用されてデッドボールで出塁した場合に「3年生の〇〇がデッドボールで出塁です」と実況すると怒られるんです。「オマエ見てたか。あれは3年生が最初で最後の公式戦に出たんだぞ。“この夏、初めて一塁キャンパスに向かいます”。そこで一番盛り上げろ」と。 二宮: 辞める時には反対されたのでは? 平岩: はい。今年のはじめには独立する話をしていました。ただ当時はeスポーツの認知度が今ほどは高くなかったので、ほとんどの人が反対しましたね。 今矢: 皆さん、心配していたんでしょうね。 […]
Continue Reading
Talk Vol.24 VARはフェアな選手が守られるシステム 2010年・14年FIFAワールドカップレフェリー 西村 雄一 第11回のゲストはサッカーの2010年南アフリカW杯、14年ブラジルW杯と2大会連続でレフェリーを務めた西村雄一氏です。Jリーグで9年連続最優秀主審賞に輝いている西村氏が語るレフェリーの現状とは――。 【必要なのは勇気と誠実さ】 二宮清純: 今年のロシアW杯はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入された最初のW杯となりました。西村さんはどんな感想をお持ちですか? 西村雄一: 間違ってしまった判定を訂正できるというのは、レフェリーとしてすごくありがたいなと思いました。 今矢賢一: 非常に助かるシステムだと。 西村: ええ。なぜかと言うとレフェリーチームは好き好んで間違えようと思っていません。精一杯努力した結果の判断が間違えてしまった。それを映像で確認し、訂正できるというツールはとてもありがたいですね。 二宮: 例えばフランスとクロアチアとの決勝でのPK判定は物議を醸しました。1対1の同点の場面でボールがクロアチアのイヴァン・ペリシッチの手に当たった。レフェリーが映像を確認した結果、ハンドリングの判定が下され、フランスにPKが与えられました。映像で確認すれば確かに手には当たっています。ただレフェリーも相当迷っているふうに見えました。 西村: サッカーの場合、判定をレフェリーの主観に委ねることが大前提となっています。そのレフェリーの主観が多くの人に受け入れられるかどうか難しい場面もあります。それはVARを採用しても同じだったのでしょう。このケースは、VARがよく機能してレフェリーからは見にくい角度だったけどよくハンドリングだと判定できたという前向きな意見とともに、厳しい判定だったという批判もあります。一方、ハンドリングと判定しなかった場合は、VARで確認したにもかかわらず見逃されたと、どちらの判定をしても議論になっていたと思います。 二宮: 西村さんもW杯で2大会レフェリーを任されました。判定後のことは考えますか? 西村: ジャッジを下した後の世間への影響は一切考えていません。正直に言えば考える余裕がないですね。私の時はVARがなかったので、自分の目から見た事実に基づいて判断していました。私がレフェリーを務めた4年前のブラジルW杯開幕戦、ブラジル対クロアチアでのPKのシーン。クロアチアのデヤン・ロヴレン選手がブラジルのフレッジ選手を倒した場面で私が見た事実は、ホールディングによって、ボレーシュートの体勢が崩れてしまった。フレッジ選手の大袈裟なリアクションは、後ろから掴まれたことが原因だと見極めました。その後、こんなに大騒ぎになるなんて全然考えてもいなかったですね(笑)。 二宮: なるほど。 西村: 逆にホールディングはあったけれど、あのぐらいならとファウルとしないと判断した場合は「レフェリーがPKを見逃した」と言われ、能力不足を問われることになります。レフェリーは、自分が見た事実に向き合う勇気を持たないといけないですね。 今矢: ポジショニングが非常に重要ですね。 西村: そうなんです。まずは確認できるポジションにいることが重要です。そこで、見えたにもかかわらず見なかったことにして、自分に嘘をつくのであれば笛は置いた方がいいですね。レフェリーは正直さが必要。自分の決断、見たものを“こう見えた”とやり切る自分自身への勇気がとても大切です。 二宮: あとは誠実さですか? 西村: おっしゃる通りです。誠実さがないと選手との信頼関係は築けません。VARがあろうがなかろうが、そこは不変だと思います。   【ジャッジが難しいハンドリング】 二宮: とりわけハンドリングの判定については故意なのか、そうでないかの判断は非常に難しい。 […]
Continue Reading
Talk Vol.23 セブンズの未来を担う(下) 7人制ラグビー日本代表男女総監督兼男子ヘッドコーチ 岩渕 健輔 第10回のゲストは7人制ラグビー男女日本代表総監督兼同男子日本代表のヘッドコーチを務める岩渕健輔氏です。自国開催のW杯、そして東京オリンピック・パラリンピックを控える日本ラグビー発展のカギとは――。 【ラグビー独自の文化】 二宮: サッカーなどに比べ、ラグビーはルールが複雑だと感じている方もいます。岩渕さんのような専門家に解説してもらいながら観戦できる。そんな観戦スタイルも面白いのでは? 岩渕: そうですね。ヨーロッパではプロチームが解説者付きのサービスを行っています。試合に出ていない選手がホスピタリティボックスに行く。試合後も出場した選手が行って、その日の試合について話します。私もイギリスのチームでプレー経験がありますが、試合後にチームに指示された場所へ行き、語りあいました。 二宮: 具体的にはどういう話を? 岩渕: ラグビーに詳しいお客さんからは「なぜあそこであんな判断をしたんだ?」と厳しい質問もあります。そういう意味でもいろいろ鍛えられる場でしたね。 二宮: 説明責任の力がつきますね。 岩渕: ええ。自分のプレーが良かった日は当然、行きやすいんですが、ダメだった時はとても行きにくい……。 今矢: そういう環境ではホームゲームともなると一段と気合いが入り、下手な試合、プレーはできなくなりますね。 岩渕: そうですね(笑)。ただヨーロッパと違い日本のラグビーでは、そもそもホスピタリティボックスがほとんどありません。 今矢: 確かに他の競技でも少ないですよね。 二宮: 選手と触れ合うことでお客さんは喜びますよね。日本でもぜひ取り入れてほしい。ラグビーは試合後にチーム同士で交歓会を行います。ノーサイドの精神で、これはとても良い文化ですよね。 岩渕: 逆にプロのチームだと交歓会、いわゆるファンクションが減ってきています。こうした文化はテストマッチなどの国際試合でもなくなってきているんです。W杯期間中はなかったと思います。 二宮: どちらかというとファンクションはアマチュアの古き良き文化なんですよね。 岩渕: 元々はそうなんです。先日、北九州で女子セブンズの国際大会がありました。ファンクションでは日本の選手たちが他国の選手たちと交流を図っていました。彼女たちは将来的に日本のラグビーを支える存在になるかもしれません。ファンクションを通じて友情が生まれ、コネクションができる。この文化は日本が率先して取り戻していきたいですね。 二宮: ラグビーには世界ランキングとは別に階層区分があります。ニュージーランドや南アフリカ、オーストラリアなど強豪国・地域をティア1と呼んでいます。この序列はなかなか変えられないものですか? 岩渕: これは日本が強くなってW杯で優勝しても変わらないかもしれません。 今矢: 歴史的な背景が影を落としていますね。 岩渕: はい。やはりティア1にチャレンジするというところまでいかないと、世界の舞台では戦っていけないと思います。 […]
Continue Reading
Talk Vol.22 セブンズの未来を担う(上) 7人制ラグビー日本代表男女総監督兼男子ヘッドコーチ 岩渕 健輔 第10回のゲストは7人制ラグビー男女日本代表総監督兼同男子日本代表のヘッドコーチを務める岩渕健輔氏です。自国開催のW杯、そして東京オリンピック・パラリンピックを控える日本ラグビー発展のカギとは――。 二宮清純: 7人制ラグビーの男女日本代表総監督の役割を教えてください。 岩渕健輔: 強化の責任者という立場です。私は2017年までゼネラルマネジャー(GM)という肩書きで、男女の7人制と15人制全ての日本代表の強化に携わってきましたが、今はオリンピックに力を入れています。 今矢賢一: 先日の香港セブンズを現地で観ました。すごく良いゲームが多かったですね。 岩渕: それはとても良いタイミングに来てくださいました。男子日本代表が昇格大会で優勝し、シリーズ全戦に出場できるコアチームに復帰しました。 【7人制の強化】 今矢: 私自身は学生時代にサッカーをやっていました。ラグビー大国のオーストラリアに8年住んでいました。高校でのランチタイムはタッチフットをしていましたね。だからラグビーにも馴染みがあって、観ることはとても好きなんです。7人制と15人制では戦術がだいぶ違いますよね。香港で観たアメリカ代表には元陸上選手がいました。その選手はボールを持つと、スピードを生かして独走していました。 二宮: グラウンドの広さは同じで、人数が約半分ですからね。試合時間は基本7分ハーフです。 今矢: だから展開も速くて、エンターテインメント性が非常に高いスポーツだと思います。 二宮: スピードはもちろんですが、ボールも上手くさばけて器用にこなさなければならない。7人制の選手には総合力も必要となってきますね。 岩渕: そうですね。どちらかと言えば足が速くBKの選手が有利です。パワー重視の選手だとある程度、体重を絞る必要もあるかもしれません。15人制では強豪国とは呼べないケニアが7人制で強いというのがひとつの特徴ですね。 今矢: ケニアは一目見ただけで身体能力が高そうな選手が揃っていました。 岩渕: 15人制ではワールドカップに1度も出たことのない国ですが、セブンズでは強豪のニュージーランドを倒すこともありますから。 今矢: 先ほどのアメリカ代表のように別の競技からポテンシャルの高い選手を転向させるという強化策もありますよね。 岩渕: 日本でも実は多方面からの参入を促しています。アメリカンフットボールの選手や陸上選手で試みたことはあるのですが、なかなかうまくいっていません。アメリカは陸上からの転向組が活躍していますが、彼らは1つの競技にこだわらず、いろいろなスポーツをシーズンに応じて取り組んでいます。 今矢: ジュニア時代のクロストレーニングは日本ではあまり多くない。それが影響しているのでしょうか? 岩渕: そこが大きなポイントです。アメリカの選手を見ていると、スムーズに移行できている印象がある。だから陸上からの転向選手でも、ラグビーの動きができているのだと思うんです。 二宮: 7人制ラグビーは16年リオデジャネイロオリンピックから正式種目に採用されました。日本ではやはりラグビーと言えば、15人制のイメージが強い。 岩渕: それは間違いなくあります。15人制のラグビーは進学、就職と卒業後のピラミッドがしっかりとできている。現状でラグビーは15人制の文化に支えられています。 […]
Continue Reading
Talk Vol.21 理解を広げ、ビジネス化へ(下) 全日本実業団自転車競技連盟理事長/Team UKYO主宰 片山 右京 第9回のゲストは2月に自転車ロードレースの「Jプロツアー」を主催する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)の理事長に就任した片山右京さんです。片山新理事長が描く自転車界の未来とは――。 【可能性を秘めるeスポーツ】 二宮: ところで右京さんが自転車の魅力に触れたきっかけは? 片山: 元々、父親に山登りに連れて行ってもらっていたので冒険がしたかった。最初、手に入れた冒険のツールが川で拾ってきた自転車を自分で修理して塗装した。それで相模湖や江の島に行くなどサイクリング少年だったんです。43歳になって自転車を始めたのは今中大介と対談したことで自転車への気持ちが再び沸いてきた。登山のためにトレーニングで自転車に乗っていると、感覚的にはレーシングカーを運転するときに似ていたんです。 今矢: ドライバーをされていたときには自転車トレーニングは取り入れていなかったんですか? 片山: トライアスロンはやっていたんですが、きつい練習のひとつで、当時は苦しいからあまり楽しいと思わなかった。 二宮: ヨーロッパはF1とサッカーと自転車が三大スポーツと言われている。そういう風景に日本を近付けたいと? 片山: そこには心理学的な“車脳”を取り払って、自転車を車と認めてもらうことが必要。問題提起で事故にも目を向けてもらって、どう解決していくかを考えていかなければいけません。 今矢: そういうビジョンや方針があるのがすごく良いですね。自転車ユーザーはたくさんいますし、これからも増えると思います。 二宮: 今、国内で自転車は何台出回っているのでしょう? 片山: 登録は2000万台。稼働は1600万台と言われていますが、車と実数は大きく変わらないんです。競技人口は40~60万人ぐらい。まだまだポピュラーなスポーツじゃないので、楽しく乗れる環境をつくり、安全を担保できれば健康に良い。千葉のサイクリング協会の会長は78歳ですが、毎日自転車で100km走っているそうです。マラソンは3時間15分台で走る。 二宮: ふくらはぎが弱くなると立てなくなったり、病気になると聞きます。第2の心臓だと。そのためにつま先立ちのトレーニングを毎日している方もいらっしゃいます。そう考えると、自転車に乗ることはふくらはぎを鍛えることにも繋がる。高齢化社会をにらむ上でも、自転車は推奨すべきスポーツですね。 片山: eスポーツ化しようという動きもあります。最新のVR技術を駆使すれば、固定ローラーで室内にいながら世界中を走る疑似体験をできる。私たちは試験的にやっているのですが、連盟主催の大会。プロを呼んで競争。事故もないし、道路使用許可もいらない。最先端の遊びを吸収して、ビジネス化しないと。 二宮: eスポーツは2024年パリオリンピックで正式競技になる可能性があると言われていますね。TVゲームが主流ですが、よりスポーツ的ですね。 片山: 目の前の問題が機材の費用がかかる。自転車、シミュレーターなど全部揃えるとなれば一般の人がなかなか手の届かない額になる。だから各ショップやクラブチーム単位でやれば、店舗にも人が集まるので副次効果が生まれる。連盟がリアルと合わせて大会をつくっても良い。それがボトムアップに繋がりますし、ビジネスをしなければ自転車界は先がありません。   【次代に繋ぐ組織づくりを】 二宮: その他のビジネス展開は? […]
Continue Reading
Talk Vol.20 理解を広げ、ビジネス化へ(上) 全日本実業団自転車競技連盟理事長/Team UKYO主宰 片山 右京 第9回のゲストは2月に自転車ロードレースの「Jプロツアー」を主催する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)の理事長に就任した片山右京さんです。片山新理事長が描く自転車界の未来とは――。 二宮清純: JBCFの理事長に就任されたわけですが、自転車に関する連盟・協会はたくさんありますが、どのような位置付けなのでしょうか? 片山右京: 基本的にはボトムの組織です。一番上にあるのが、公営競技の競輪とオートレースを統括するJKA。その下にJCF(日本自転車競技連盟)があり、JBCFがあるという縦の流れになっています。UCI(国際自転車競技連合)に加盟しているのはJCFですが、日本ではJKAが頂点になるんです。 二宮: JBCFの理事長を引き受けた理由は? 片山: 私は6年前にTeam UKYOのサイクリングチームをつくって、この世界に入りました。そこで「ツール・ド・フランスに行きたい」という夢が叶うと思っていたら、そう簡単ではなかった。日本では自転車が悪者扱いされており、企業からも支援を受けにくい現状があります。そこでまずは自転車の地位向上に努めたいと思ったんです。 今矢賢一: そのために打ち出している策はあるのでしょうか? 片山: サッカーのJリーグやバスケットボールのB.LEAGUEのように2021年からプロリーグにする構想があります。あとは国際イベントの誘致です。現在、46大会運営しているレースを2年以内に100大会に増やしたいと思っています。約3000人いる登録者数も1万人にするつもりです。 二宮: その他に取り組んでいることは? 片山: 現在、自転車の電動化が進んでいます。JCBFはそれをスポーツにしようと。たとえばEバイク(電動アシスト付き自転車)を利用したヒルクライム(坂・山・峠を登る競技)の大会をつくることも考えています。   【ガラパゴス化している日本】  二宮: 海外の自転車事情はどうでしょう? 今矢: オーストラリアに8年ほど住んでいましたが、サイクリングもすごく盛んです。週末はいくつかの場所で道路を規制してサイクリストが走れるようにしています。弊社では車いすマラソンの選手もサポートで海外に行くことも多いのですが、ロンドンはテムズ川から市内への主要道路を1車線サイクリング用に変えましたからね。 二宮: 日本みたいにブルーラインが入っているんでしょうか? 今矢: ロンドンでは車用の車線の1つを自転車用にしています。 片山: 日本がブルーのラインを引いているのは可視化して自転車を車だと認めされるための無理やり作ったものなんです。フランスやイギリスのように車と同じようにレーンを引いている国もある。日本は道が狭いからできないという話を聞きますが、世界も道は狭い。それでもパリは8kmしかなかった自転車道を1年で408kmに延ばした実績があるんです。日本では、車が偉くて「自転車は遊び」という思考がある。「自転車は歩道」と。しかし道路交通法上、今は車と同じ扱いになった。 二宮: 事故が起きると、Eバイクが悪役みたいに扱われますよね。 […]
Continue Reading
Talk Vol.19 育成重視の独自路線(下) K-1 プロデューサー 宮田 充 第8回のゲストは立ち技格闘技イベント「K-1」の宮田充プロデューサーです。2014年より生まれ変わり、新たな路線で格闘界に新風を巻き起こしています。宮田プロデューサーが見据える新生K-1の未来とは――。 今矢: ジムは国内展開のみですか? 宮田: 首都圏中心ではあるのですが、13店舗ですね。現在は10店舗が直営で、3店舗がフランチャイズになっています。さいたまスーパーアリーナで興行しているので、埼玉県内にもオープンしようかという計画を立てています。 今矢: ジムの運営が収益のベースにはなっているのでしょうか? 宮田: なかなか投資の回収まではできていませんね。これが力になっていくと思うんです。アマチュアの公認ジムはもっとハードルを下げて、全国で随時募集をかけています。「K-1の看板を使っていいよ」ということで、全国で50店舗ぐらいあります。   二宮: 収益の柱はやはり興行? 宮田: ええ。ただ興行は水物でもあるので、選手を育成しながらイベント展開する。イベント展開ばかりだと育成が疎かになってしまいますから。いろいろな団体から選手を借りている。契約も大事だと思っております。契約を先々で交わした上で、その選手しか起用しない。今は団体間交流を一切やっていないんですよ。それぞれのジムで黒字化を目指してやっているんですけど、こればかりは地域に根付かないといけません。 今矢: 選手との契約形態は? 宮田: ファイターは一発勝負。次の興行で起用するか、契約した時点ではわかりません。魅力的な試合をすれば次に繋がるでしょうし、その逆であれば呼ばない可能性もある。我々は最後に試合をしてから1年以内という区切り方をしています。 二宮: その間の契約料は発生しているのですか? 宮田: ファイトマネーのみですね。半年後に試合をしたら、また1年間。格闘技は誰でもプロモーターになれる。ライセンスは必要がないんです。誰でも手を出せる。そのためには我々も防衛のために契約はしておかないといけません。 今矢: 選手個人がスポンサーを付けることに制限はあるのでしょうか? 宮田: 今のところは付けていないです。ファイターはトランクスに一番協賛メリットがあります。入場時にはガウンを着る。多い選手はそこにもズラリとスポンサー名が並びます。 【成長のために試合機会の増加を】 二宮: なるほど。新生K-1の立ち上げから5年目を迎えます。ここまでの手応えは? 宮田: 立ち技格闘技団体で競技展開と共にイベント展開に挑戦しているのは、初めてだと思うんです。我々にはアマチュアもあって、ジム展開もある。そこを理念としてやっているので、そこはブレずにできているかなと。 今矢: 持続可能な仕組みにしていくと? […]
Continue Reading
Talk Vol.18 育成重視の独自路線(上) K-1 プロデューサー 宮田 充 第8回のゲストは立ち技格闘技イベント「K-1」の宮田充プロデューサーです。2014年より生まれ変わり、新たな路線で格闘界に新風を巻き起こしています。宮田プロデューサーが見据える新生K-1の未来とは――。 二宮清純: K-1と言えば1993年にスタートしたヘビー級中心の興行をイメージする人も多いと思います。その後、WORLD-MAXという中量級に軸足を移していきましたが、これまでのものとは別物と考えて宜しいのでしょうか? 宮田充: はい。我々は2013年から準備をして、翌年にアマチュア大会を開催しました。その年からK-1ジムを展開していき、11月に興行「K-1 WORLD LEAGUE」(後にK--1 WORLD GPに改称)をスタートしました。我々は格闘技イベント開催だけでなくジムの運営、アマチュア大会の定期的な実施というピラミッドの形をつくっています。K-1ジムからプロになる方も輩出していますし、スポーツとして親しんでもらえる方にも場所や機会を提供できています。 二宮: 新生K-1はアマチュアも入れて底辺の拡大を図るのが、以前との違いだと? 宮田: そうですね。K-1甲子園というかたちでアマチュアの全国大会「K-1甲子園」は行われていましたが、より草の根の活動を行っています。 今矢賢一: それまではピラミッドにおける上の部分を主にやっていたということですね。 二宮: サッカーで言えば、ユース世代、ジュニア世代があってのトップチームということですね。そういう正三角形をつくりたいと? 宮田: はい。過去のK-1はヘビー級をメインにMAXという中量級、63kg級と最終的には3階級までは広げたのですが、それぞれの体格に合った階級がある。だから我々のK-1では全8階級(スーパー・バンタム、フェザー、スーパー・フェザー、ライト、スーパー・ライト、ウェルター、スーパー・ウェルター、ヘビー)まであります。スーパー・バンタムの55kgから2.5kg刻みでスーパー・ウェルターの79kgまでリミットがあり、無差別級がある。 二宮: 日本人でヘビー級を育てるのは容易ではないですね。 宮田: 昨年11月に開催した初代ヘビー級王座決定トーナメントには日本人4選手と欧米の4選手が出場しましたが、日本人で初戦を勝利したのは上原誠選手だけ。彼のベスト4が日本人最高です。準決勝では1ラウンドKO負けだったので、世界との差は感じました。まだまだこれからですね。 【チケットの価値向上目指す】 二宮: 過去のK-1は外国からヘビー級選手を連れてきて、華々しいカードを組み、テレビ放映権料を得るビジネスモデルでしたが、それとは違う路線でいくと? 宮田: そうですね。AbemaTVさんだったり、CSのGAORAさんが中継していただいております。深夜でフジテレビ、テレビ東京で関連番組も含め放送していただいています。ただそれがなくても運営を回していけるようにしたい。最初は4000人規模の代々木第二体育館でスタートしましたが、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催の関係で同体育館は改修工事に入りました。そのため昨年からはさいたまスーパーアリーナのコミニティアリーナ(8000人規模)で3回行いしました。そして今年3月21日に1万5000人規模のメインアリーナでの開催。新生K-1をスタートして4年かかって、メインアリーナになんとか辿り着いた。それは選手の成長と共に僕らも大きくなっている。1年目でメインアリーナは厳しかったと思いますが、今回はチケットも順調に売れています。 今矢: それはすごいですね。Jリーグでも1万人以上を呼べないクラブもありますからね。ホスピタリティのようなものは? […]
Continue Reading
Talk Vol.17 サッカーの価値は無限(下) 東京ユナイテッドFC共同代表兼監督 福田 雅 第7回のゲストは東京23区から初のJリーグ入りを目指す「東京ユナイテッドフットボールクラブ」の福田雅共同代表兼監督です。JFLの1つ下のカテゴリーに属する地域リーグ(関東リーグ1部)の東京ユナイテッドFCは東京大学OBと慶應義塾大学OBをルーツに持つクラブ。座学からの学びとスポーツからの学びを融合した優れた人材輩出を目標としています。福田代表が描くサッカーが繋ぐ大学コミュニティと地域コミュニティの融合とは――。 【クラブのルーツがアイデンティティ】 二宮: 東京大学は文京区にキャンパスがあります。 福田: 当初は慶大のキャンパスがある日吉のグラウンドで練習していた時期もありましたが、文京区や東大OBのサポートも得られるようになったので活動拠点を文京区に移しました。さらには女子サッカーの受け皿となれるように僕らは女子の「文京LBレディース」というチームも持っています。女子の選手たちが生涯サッカーをやり続けられる環境を用意したいと思ったからです。そんな活動が実を結び、今年の1月には文京区と相互協力協定を締結する運びとなり、より公式にクラブ全体を応援していただけることになりました。 二宮: 世界のサッカークラブにはいろいろな成り立ちがあります。ドイツ・ブンデスリーガのシャルケ04は炭鉱労働者のまちのクラブです。今矢さんが住んでいたオーストラリアのクラブ成立事情は? 今矢: サッカーだとオーストラリアは移民の国ですから、そのコミュニティがルーツになっていることが多いです。カズ(三浦知良)選手がかつて所属していたシドニーFCは、元々ギリシャ系ですね。シドニーオリンピックという名称でギリシャ、イタリア系が多かった。あとはマルタ系やスロベニア、ボスニア系のチームがありました。僕らがいた90年代は内戦をしている国をルーツに持つクラブ同士の試合だと、警備体制もかなり厳しくなりました。雰囲気も全然違いましたね。 福田: クラブのルーツがアイデンティティとなって、クラブ同士の対立の構造は今のステージからできていなければダメだと思うんです。だから僕らも東大と慶大を前面に押し出して、ヒール役になってもいいから個性を出していこうと考えています。 二宮: それはいいアイデアですね。オーストラリアのリーグは、その後どう成長していったのでしょうか? 今矢: 日本のJリーグができた時の100年構想のようなビジョンがあったと思います。オーストラリアはAリーグになったタイミングで民族色は消したはずです。Aリーグがスタートした当初は西シドニーにチームがなかった。それこそ東京23区内にサッカークラブがないような状況でした。12-13シーズンからウェスタン・シドニー・ワンダラーズができました。小野伸二選手も当時は所属していました。元々サッカー熱の高い地域だったので、一気にファンが集まって初年度でレギュラーシーズンを優勝で終えたんです。 福田: その後、小野選手がコンサドーレ札幌に移籍してからはどうなったんですか? 今矢: クラブ創設3年目でAFCアジアチャンピオンズリーグも制しました。今もファンがついているという意味では、すごく成功していますね。 【教育というストロングポイント】 二宮: 普遍化、一般化していくためにはどういう作業が必要だと考えていますか? 福田: モデルはバルセロナです。カタルーニャ地方の少数民族のクラブがグローバル化していった。ひとつはブレずに地味なことをやっていくしかないなと思っています。ルーツは東大と慶大ですが、何を実現したいかと言えばスポーツのステータスを上げることです。人間形成の場として、スポーツは座学と変わらないぐらい重要なものとして考えていて、教育のコンテンツとしての価値をもっと訴えていきたい。今のJリーグクラブの差別化を図るのは地域性と強さの2軸だと思うのですが、“ここのクラブは違うよね”と言われるような存在を目指しています。 二宮: いずれは教育産業をバックに付けるとか、そういう提案もできますよね。 福田: そうですね。どこかの塾と提携することもできますし、クラブのスタッフには僕を含め会計士、弁護士がいます。クラブが会計士事務所と弁護士事務所を経営しているので、選手たちのセカンドキャリアにも繋がる。私たちが選手たちを受け入れて職業訓練させて、スポンサー企業などに就職してもらえたら、とてもいいサイクルになると思うんです。 二宮: 東京ユナイテッドFCが「セカンドキャリアに定評がある」ということになれば、ビジネスにも繋がりますよね。 福田: 選手も安心して来られると思います。地元の名士の弁護士や会計士がいる。例えばレアル・マドリード会計事務所、レアル・マドリード弁護士事務所があったらおもしろいじゃないですか。それで僕らもつくってみたんですよ。クラブの価値が上がれば、ビジネス部門の価値も上がる。このクラブだからこそ、できる周辺ビジネスがあると考えています。 二宮: クラブとしての強みを生かすわけですね。 […]
Continue Reading
Talk Vol.16 サッカーの価値は無限(下) 東京ユナイテッドFC共同代表兼監督 福田 雅 第7回のゲストは東京23区から初のJリーグ入りを目指す「東京ユナイテッドフットボールクラブ」の福田雅共同代表兼監督です。JFLの1つ下のカテゴリーに属する地域リーグ(関東リーグ1部)の東京ユナイテッドFCは東京大学OBと慶應義塾大学OBをルーツに持つクラブ。座学からの学びとスポーツからの学びを融合した優れた人材輩出を目標としています。福田代表が描くサッカーが繋ぐ大学コミュニティと地域コミュニティの融合とは――。 二宮清純: 福田代表が率いる東京ユナイテッドFCは現在、関東サッカーリーグ1部に属しています。3部まであるJリーグの1つ下のカテゴリーがJFLです。関東サッカーリーグは9つある地域リーグの1つ。JFLからは1つ下のカテゴリーになります。 福田雅: 実は今矢さんの弟(直城)さんが監督を務める早稲田ユナイテッドとは何度も対戦経験があるんですよ。東京都リーグ1部や関東リーグ2部でも戦っていますね。チームとしてはライバル関係にありますが、気が合うので仲が良いんです。 今矢賢一: 弟のクラブは今も関東サッカーリーグ2部ですから、追い越されてしまいましたね。 二宮: 福田代表から見て、早稲田ユナイテッドはどのようなサッカーを? 福田: 意思のないパスを嫌うサッカーですね。パスを受ける時にも意思を持てと。そういうボールの受け方も徹底しています。出し手だけではなく受ける側の意思をすごく大事にしています。敵ながら早稲田ユナイテッドのサッカーは好きですね。選手の自立を促すサッカー。今矢(直城)さんは試合中、細かいことは言わないです。 二宮: 福田代表が率いる東京ユナイテッドFCは? 福田: 僕は気の緩んだプレーが嫌いなんです。それに対しては厳しく指導しますが、「ピッチに出たらオマエたちが戦ってくれ」というスタンスですね。その点は今矢(直城)さんと似ているかもしれません。 今矢: では今度は弟も交えて、サッカー談義しましょう。 福田: ぜひ宜しくお願いいたします。 【大学コミュニティを生かしたクラブづくり】 二宮: 東京ユナイテッドFCは大学を起点にしながら地域に広げていきたいと。まずはクラブをつくった動機を教えていただけますか? 福田: 何よりまず東京23区内にプロサッカークラブがなかったことです。日本と比べるとGDPが3分の1以下であるスペインにはレアル・マドリードとFCバルセロナという経済面においても世界的なビッグクラブがある。この話をすると「文化が違う」という言葉で片付けてしまう人もいますが、それは逃げだと思うんです。文化にしようとする努力が足りていないのではないかと。私は公認会計士の資格も持っているので、経営的観点からサッカーを掘り下げていったんです。日本のクラブは国の経済力を生かせていないと感じました。 二宮: 逆に言えば、まだまだ伸びしろがあると。 福田: そうですね。日本のスポーツ文化は体育の延長にある。身体を鍛えるためのものですね。日本のスポーツを通じた教育は学校にあります。学校の部活文化で、学校対学校の構図で日本スポーツは盛り上がってきました。学校の部活文化の頂点は大学における早慶戦などがあります。あれだけの人を呼べるのはすごいコンテンツだと思うんです。 二宮: 早慶戦の人気を取り入れたいと? 福田: はい。私はそこに魅力を感じ、まず既存の早稲田ユナイテッドというクラブに「早慶ユナイテッド東京」として、早大OBと慶大OBによる連合クラブチームをつくることを提案したんです。薩長同盟における土佐藩の気持ちです。残念ながら“締結”には至りませんでしたが……。そこで2010年1月、当時は休部状態にあった慶大体育会ソッカー部OBクラブ「慶應BRB」を再結成し、自分たちだけで社会人クラブをスタートさせました。そこに東大サッカー部OBクラブ「東大LB」が合流し、2015年に「LB-BRB TOKYO」を創設したんです。さらに、2017年からクラブ名を現在の「東京ユナイテッドFC」に変更しました。要するに学校コミュニティの延長線上にクラブをつくったのです。今まで東京23区内にプロクラブがないのは、地域密着するための名士や地元企業を特定しづらいことと、インフラがないことに原因があったと思うんです。この2つを同時に解決する手法が、大学OBというコミュニティ。ここに立脚して、いずれは地域に根付けばいいと考えてスタートしました。   […]
Continue Reading
1 2 3